HOME » これだけ変わる!リフォーム事例集in福岡 » バルコニー

バルコニー

このページでは、福岡で行われたパルコニーリフォーム事例を紹介。費用も掲載しています。

福岡のパルコニーリフォーム事例と費用

Case1

バルコニーリフォーム事例01

高台というロケーションを活用し、ウッドデッキではなく、四方を囲まれたサンルームと、開放感あふれるテラスをL字型に取り付け。陽だまりの中で庭の景色が楽しめる、くつろぎ空間誕生です。

(施工:ハウジングプラザ/施工金額:約200万円
※外構・エクステリアリフォーム)

 

Case2

バルコニーリフォーム事例02

2階のリビングから連続した、アウトリビング体裁のバルコニーを設置。素足で楽しめる空中庭園がコンセプトになっており、子供や愛犬たちも大喜び。

(施工:ミサワホームイング/施工金額:約767万円 ※外バルコニー新設、サッシ交換、一部外壁、車庫含む)

 

Case3

バルコニーリフォーム事例03

新築時に作った広いウッドデッキが腐食するなど劣化が進行していたため、フルリフォームを実行。壁面や天井、そしてドアに多数の窓を取り付けた全天候型のガーデンルームが誕生しました。

(施工:パワーハウス/施工金額:記載なし 
※ガーデンルームフルリフォーム)

 

Case4

バルコニーリフォーム事例04

こちらもウッドデッキのリフォーム例。広さが増しただけでなく、ガーデニングを楽しめるスペースを増設したり、日差しを遮れる布のタープを設置できる設備も完備して、より過ごしやすい空間に。

(施工:フレッシュハウス/施工金額:約500万円
※エクステリアフルリフォーム)

 

Case5

バルコニーリフォーム事例05

こちらは戸建賃貸住宅に、ウッドデッキを増設した例。1年以上空室の続いていた物件でしたが、増設後1ヶ月で入居者決まったのだとか。小さな工夫が大きな収益を生む好例ですね。

(施工:住まいるホーム/施工金額:記載なし ※ウッドデッキ増設)

 

バルコニーリフォームのポイント

物干しとして活用できるだけでなく、リビングから続く空間として楽しめるバルコニーやウッドデッキは、近年一般的になりつつあります。

また屋根や壁面をプラスすることで、第二のリビングとして活用できる、ガーデンルームを作ることもできますから、夢は膨らみますね。

こうした設備は建物の外に面しているので、なるべくなら外部からの視線を考慮に入れたいもの。また、すでに設置されている設備をもう一度見直し、通風や日照、さらに雨などを避けるための工夫が必要かどうか、家族でよく話し合う必要があります。

またバルコニーやウッドデッキは、常に風雨にさらされているので、防水性能が重要になってきます。床材などを十分に吟味するだけでなく、工事後は5~10年ごとにメンテナンス(防水工事の再施工)を。

特に建物の2階以上の場所にあり、下方に部屋などがある場合は、雨漏り対策を怠らないようにしましょう。