HOME » これだけ変わる!リフォーム事例集in福岡 » キッチン

キッチン

福岡で行われたキッチンリフォームの事例を画像とともに紹介。キッチンのリフォームをする際のポイントについても解説しています。

福岡のキッチンリフォーム事例

Case1

キッチンリフォーム画像01

キッチン横にカフェ風のカウンターを設置。自然素材に包まれ温かみのある空間でおしゃべりがはずみます。スタイリッシュとナチュラルがぴったり調和したダイニングキッチンです。

(施工:フレッシュハウス/施工金額:5,000,000円)

 

Case2

キッチンリフォーム画像02

収納をたっぷりとって、キッチン周りもスッキリ。床には無垢材を使用しているので、素足で歩く心地よさが感じられます。

(施工:ニッカホーム/施工金額:3,270,000円)

 
 

Case3

キッチンリフォーム画像03

既存の壁を開口し、対面式のキッチンへ変化。既存の柱を活かして表面に加工を施すことで耐震性もそのまま残すことができました。

(施工:パワーハウス/施工金額:3,920,000円)

 

Case4

キッチンリフォーム画像04

スライド収納で収納力アップ! 掃除しにくかったタイルの壁を、目地やつなぎ目のない、掃除しやすいキッチンパネルに変更。真っ白なキッチンで、より明るく清潔感のあるイメージに。

(施工:フレッシュハウス/施工金額:800,000円)

 

Case5

キッチンリフォーム画像05

出窓を大きくして光を十分に取り入れ明るいキッチンになりました。キッチン横には机を設置して、趣味のスペースを確保しています。

(施工:パワーハウス/施工金額:8,800,000円)

キッチンリフォームのポイント

キッチンでもっとも重要なのが動線設計。ついおしゃれなデザインのキッチンに目がいってしまいますが、毎日使うキッチンは使いやすいことが一番です。

一般的に、シンク、コンロ、冷蔵庫を結ぶ線が短いと、作業効率がよくなるといわれていますが、いくら線が短くても、狭いだけでは作業しづらくなりますので、適度なゆとりをもたせつつ、効率的な動線を作らなくてはなりません。その際、電子レンジや炊飯器、ごみ箱なども、作業しやすいところに配置できるよう考えておきましょう。

使う人の身長に合わせた高さに合わせると、疲れにくく、作業しやすいキッチンになります。

食器や食材のストックなども多いキッチンでは、収納力が必要になります。背面や上部など、空いたスペースを有効に利用して収納に充てたいものです。

また、油などで汚れることの多いキッチンでは、お手入れのしやすさも大切。壁や床に、汚れが落ちやすい素材を使用すると掃除もしやすくなります。