HOME » これだけ変わる!リフォーム事例集in福岡 » 外壁

外壁

福岡でできる外装リフォームについて、画像とともに事例を紹介しています。他に外装リフォームのポイントもまとめています。

福岡の外装リフォーム事例

Case1

外壁リフォーム画像01

塗装ですっかり明るくなった外観。塗装材には耐久性の高いシリコンを使用しています。

(施工:ニッカホーム/施工金額:900,000円 ※外壁、屋根リフォーム)

 

Case2

外壁リフォーム画像02

地震に備えて重たい瓦を断熱材の入った金属屋根に交換し、省エネになる宇宙塗装ガイナで塗装。冬でも室内が温かくなりました。

(施工:フレッシュハウス/施工金額:6,000,000円 ※宇宙塗装・外装、屋根替)

 

Case3

外壁リフォーム画像03

温かみのある黄色に、屋根とベランダの紺色がアクセントになったこだわりの配色。明るい印象の外観になりました。

(施工:パワーハウス/施工金額:1,400,000円 ※外壁、屋根リフォーム)

 

Case4

外壁リフォーム画像04

伸縮性のいい塗料で、外壁のひび割れもカバー。色を変えたことで、イメージをガラリと変えることができました。

(施工:フレッシュハウス/施工金額:1,700,000円 ※宇宙塗装・外装、屋根リフォーム)

 

Case5

外壁リフォーム画像05

痛みやひびが目立っていたアパートの外壁を補修し、スウェーデン製のテラコートで、表情のあるプロバンス仕上げに。
(施工:パワーハウス/施工金額:記載なし)

 

外壁リフォームのポイント

外壁は、長年の風雨や太陽光、気温の変化などによって、汚れが目立ったり、劣化が進みやすいところです。さらに、ひび割れなどを放置しておくと、水がしみ込んで内部が腐るなど、生活にも影響を及ぼすことも。

一般的に、住宅の外壁にはモルタルやサイディングが使われていることが多く、立地や塗装材にもよりますが、どちらも、10年ごとに塗装しなおすのがおすすめ。ちなみに、サイディングの交換は、25~30年が目安といわれています。

10年経過していなくても、塗装膜にひびが入る、下地がひび割れる、壁全体にチョークのような粉がふく、接合部や目地にひびが入るなどの状態が見られたならば、外壁塗装を考えてみるといいかもしれません。

外装リフォームでは、屋根を軽量化したり、腐食した土台を取り換えてシロアリ対策をしたり、基礎と土台の接合部を補強するなど、耐震性をアップさせるリフォームも可能です。