HOME » 【福岡版】リフォームお役立ち情報 » リフォーム工事前・工事中の注意点を解説

リフォーム工事前・工事中の注意点を解説

リフォーム工事前・工事中の注意点を解説

ここでは、リフォーム工事の前と工事中に注意しておいた方がいい点について解説していきます。リフォーム会社にお願いしておくことはたくさんありますが、自分がしておくことで、リフォームがスムーズに進むことも多いです。リフォーム前・リフォーム中それぞれに分けて解説していきます。

リフォーム工事前の注意点

リフォーム工事前に下記の点に注意しておくことで、スムーズなリフォーム工事が可能になります。

ローン・補助金の準備

地方自治体の補助金や介護保険などや、住宅ローンを利用してリフォーム工事を行う場合は、事前に申し込み手続きを行っておくとスムーズです。また、増築で必要になる建築確認申請や建設リサイクル法の事前届け出などの手続きが必要な場合があります。どのような手続きをいつ行えばいいのかリフォーム会社に相談しておきましょう。

引越しの準備

仮住まいが必要なリフォームの場合は、引っ越しの準備をしておきましょう。また、引っ越しをしない場合でもリフォームする部分にある家具や生活雑貨などの整理は必須です。

ご近所への挨拶回り

事前にリフォーム会社の担当者とともにご近所へ挨拶周りをしておくと安心です。リフォーム期間中は音が出てしまったり工事用車両の出入りが考えられますが、挨拶しておくことで、不要なトラブルを最小限に抑えることができます。

リフォーム工事中の注意点

リフォーム工事が始まると、下記の点に注意しておくことで、リフォーム工事が滞りなく進みやすくなります。

職人さんとのコミュニケーション

自宅へ住んだままリフォーム工事を行うこともあります。毎日出入りする職人さんと毎日の挨拶などしっかりとコミュニケーションをとっておくことで、ちょっとした疑問などを質問し、解決しやすくなります。

また、

  • 時間が守られているか
  • 後片付けができているか
  • 工事外の部分を大切に扱ってくれているか
などの点にも依頼主が目をくばっておくのも大切です。

変更などの希望は職人さんでなくリフォーム会社の担当者へ

リフォーム工事の変更や追加などの希望が発生した場合は、現場の職人さんではなく、リフォーム会社の担当者へ伝えるのが正しい方法です。現場の職人さんは下請けである場合が多く、変更する権限を持っていないことがほとんどだからです。

計画を何度も変更しない

リフォーム工事期間中に計画を何度も変更しないようにしましょう。工事の計画を行うと、リフォーム費用や完成までの工期に影響がある場合があります。仮住まいの契約期間内に終わらなかったり、予想外の大幅な追加費用が発生してしまうこともあります。やむを得ず計画を変更した場合は、追加費用や期間を書面にして残してもらいましょう。

クレームなどもリフォーム会社の担当者へ

もし近所から騒音などのクレームがあっても、現場担当者でなくリフォーム会社の担当者に伝えるのが正しい手順です。

定期的な報告を受ける

工事中は、任せっぱなしにするのでなく、定期的に報告をしてもらいましょう。もし希望と違う内容になってしまっている場合も、定期的な報告をチェックしておくことで、軌道修正をしやすくなるからです。

とくにチェックしておきたいのは下記のような点です。

  • 工事の進行状況がスケジュールに沿っているかどうか
  • 壁紙などの素材が指定通りかどうか
  • スイッチ類やコンセントなどの配置が正しいかどうか
  • 部屋・廊下・窓などがイメージ通りにできているか現場で確認
このような点に気を配りながら、定期的な報告内容を精査し、リフォーム工事が問題なく進んでいるかどうかチェックするようにしましょう。