HOME » 【福岡版】リフォームお役立ち情報 » 共同生活のトラブル回避!二世帯リフォーム5つのポイント

共同生活のトラブル回避!二世帯リフォーム5つのポイント

 ここでは、二世帯リフォームを成功させるための5つのポイントをご紹介します。リフォームしてから「こんなはずじゃなかった!」となってしまうことを防ぐため、しっかりと準備をしてから臨みましょう。

1.共有する部分と分離する部分はよく話し合って決める

お互いが気持ち良く生活するためには、まずどのようなタイプでリフォームするのかをよく話し合って決める必要があります。

二世帯リフォームには以下の3つのタイプがあります。

  • 完全分離タイプ
  • 完全共有タイプ
  • 部分共有タイプ

それぞれのタイプについて確認しましょう。

完全分離タイプ

玄関や、キッチン・浴室といった水回りなどを完全に分離するタイプです。

全てを完全に分けるので、プライバシーを保ちつつ必要な時はすぐにお互いの顔を見ることができる距離にあることから、比較的若い年代の世帯に人気があります。

ただし、他のタイプに比べると二世帯ならではの良さは少なく、お隣さんに近い感覚とも言えるかもしれません。バルコニーや庭などに共有部分を持たせるなど、お互いの顔を合わせる空間を作るための工夫をするのがおすすめです。

完全共有タイプ

完全分離タイプとは正反対に、玄関や水回りなど、全てを完全に共有するタイプになります。1つの家に同居することになるため、コミュニケーションが取りやすく二世帯の良さを最大限に活かすことができます。その反面、プライバシー面に難がある点はデメリットと言えます。

部分共有タイプ

上記2タイプのように極端に分離、共有するのではなく、お好みに合わせて共有部分を取るタイプです。

トイレやキッチンだけを分け、他の部分は共有するといったように、適度にプライバシーを保ちつつ二世帯のメリットも活かすことができます。

共有する部分と分離する部分を決める際は、二世帯同士よく話し合う必要があります。

2.ローンプランや助成金を確認する

工務店や建築条件、建物や土地、支払いそれぞれの名義などによっては組むことのできるローンのプランが異なりますので、それぞれシミュレーションをして、最も費用を抑えられるプランを選びましょう。

ただし安くすることを考えすぎると、工事が終わってから後悔することもでてくるかもしれません。どの部分で費用を抑えるかはよく考えてください。

また、最近は二世帯リフォームの助成金制度も充実しています。

「地域型住宅グリーン化事業」や「三世代同居加算」など、お住いの地域や同居の条件によって適用できる助成金は異なり、場合によっては数十万円から100万円程度節約できます。

適用できる助成金についても、しっかり確認しておきましょう。

3.光熱費の支払いについて確認しておく

二世帯分の光熱費の請求が一緒に来る場合は、どのように支払うか、あらかじめきちんと話し合っておく必要があります。

請求や支払いをきっちり分けたい場合は、電気の配線やガス、水道の配管などを分ける必要があります。

いずれの場合も、工事を行う前の早い段階で話し合っておく必要があります。

4.余計な税金が発生しないよう対策する

二世帯リフォームでは、贈与税が発生してしまうケースがあります。

例えば、家の名義は親、リフォーム費用の支払いは子の名義で行なった場合などです。

この場合、1,500万円のリフォームに対し300万円以上の贈与税が発生してしまいます。

その上、持ち主が親名義になってしまっているため子がローン契約を組むこともできません。

そこで土地や家の名義をそれぞれ分ける、家の名義を資金提供する方にするといった税金対策を行う必要があります。

5.リフォーム中の仮住まいを準備する

住みながらリフォームをすることが難しい場合は、仮住まいを探さなければなりません。

ほとんどのリフォームは長くても2か月程度ですが、リフォーム内容によって工事期間は変動しますので、まずは規模や期間を確認しましょう。

親戚や友人の家に滞在するという方法もありますが、工事の期間や通勤通学のことを考え、ある程度立地の良いホテルやマンション、アパートを借りる方が多いです。

例えば数日から1週間以内に完了する場合は、近くのホテルに滞在するのがおすすめです。

数週間から1か月以上かかる場合は、ウィークリー、マンスリーマンションなどを借りると良いでしょう。

立地や滞在期間により費用が大きく異なりますので、それぞれを比べて一番費用を抑えることができる方法を選びましょう。

事前の話し合いは何より大切

二世帯リフォームでは、事前にあらゆることを想定して話し合うことが重要です。後悔することがないよう、二世帯間でしっかりと話し合ってからリフォームに臨みましょう。