HOME » 【福岡版】リフォームお役立ち情報 » 古民家リフォームのポイント解説[福岡・古民家・リフォーム]

古民家リフォームのポイント解説[福岡・古民家・リフォーム]

古民家リフォームのポイントを徹底解説!福岡で古民家をリフォームしたい人必見

ここ数年、古民家カフェなどの人気が高まっている影響もあり、古民家をリフォームして住むことに注目が集まっています。

伝統や趣がある古民家の雰囲気を残しつつ、間取りや設備を新しくすることで、昔の日本の雰囲気を残した現代の快適な住宅へと生まれ変わることができます。

古民家をリフォームすることでのメリット

古民家をリフォームすることで、次のようなメリットがあります。

デザイン性

古民家に人気がある理由の1つがオリジナリティーのあるデザインです。歴史を感じさせてくれる古民家の柱や梁を取り入れながらリフォームすることで、他にはない独自の住まいを作り上げることができます。

また、古民家で使用されている柱や梁のような木を新しい木で手に入れようとすると、かなり高額になってしまうことや、希少性が高すぎて手に入らない場合もあります。

住宅に使用されている材料の強度が高い

古民家は、ほとんどの場合木造です。樹齢100年をこえるような木を使用した梁や太い柱などが使われていることもあり、趣があるのと同時に強度も非常に高くなっています。

例えば、樹齢100年のケヤキの場合、強度が落ち始めるのは800年経過後、樹齢100年のヒノキに至っては、1,200年をこえてからと言われています。

また、一般的に木は燃えやすいと思われているため万が一の火事の場合を考えると心配ですが、丸太など太い木材は、燃えて表面に炭化層ができると、内部へ酸素が供給されなくなるので、それ以上燃えにくくなるといわれています(※1)

特に梁や太い柱などに大きな木が使われている場合はそのようなリスクも軽減されます。

環境に優しい

古民家に使用されている、柱や梁などの材料は再使用できるので、環境破壊を抑制できます。また、シックハウスやアトピーの原因物質を含む新建材が使われていないため、人の体にも優しい住宅といえます。

固定資産税の負担が少なくなる

古民家をリフォームすると、築年数はリフォーム前の築年数が引き継がれます。固定資産税は築年数が長いほど少なくなるため、古民家をリフォームした場合は建物に係る固定資産税の負担が少なく済みます。

古民家をリフォームすることでのデメリット

古民家をリフォームして住む場合、いくつかのデメリットもあります。メリットと合わせてどちらの方が自分にとって重要なのかを判断するようにしましょう。

耐震性に劣る

古民家は100年以上前の基準で建てられているため、現代の一軒家に比べると耐震性に劣る場合がほとんどです。現在の耐震基準に適合していない場合は追加の工事が必要になってしまいます。

断熱性に劣る

古民家は断熱性能が現代の建物に比べると劣るため、暖房コストを低くおさえるためのリフォームが必要です。基本的に風を建物全体に巡らせることで、夏を快適に過ごすことができる構造ですが、冬は寒さを感じやすくなってしまいます。

費用の負担が大きい

公民館のリフォームは、思った以上に費用の負担が大きくなってしまう場合が多いです。例えば、似たような雰囲気の木の材料をそろえるのに費用がかかってしまったり、雨漏りなど家の性能的な補修において費用がかさんでしまったりする場合も多いからです。

参考:※1 埼玉県 木材に関する誤解