HOME » 【福岡版】リフォームお役立ち情報 » 福岡の業者選び【リフォームとリノベーションの違い】

福岡の業者選び【リフォームとリノベーションの違い】

福岡で古くなった家を新しいものにしたいと、お考えの方からのよくある質問が、リフォームとリノベーションの違いについてです。リフォームの中のリノベーションという少し掘った違いなのです。最近よく耳にするようになった「リノベーション」という言葉と「リフォーム」がどう線引きされているのか、比較してご説明致します。新しく生まれ変わる家はこれからの財産になるものです。自分たちがどんな家にしたいのか方向性をしっかりとイメージし、自分たちの理想に合った家を手掛けてもらう福岡の業者選びに繋げていきましょう。

「reform」と「renovation」

昔から馴染みの深い「リフォーム」という言葉と、最近よく耳にするようになった「リノベーション」という言葉は、ほとんどの方がざっくりとしたイメージしか持っていません。むしろ、同じなのではないか。と思ってしまうほどです。では、「reform」と「renovation」の和訳からみていきましょう。

reform(リフォーム) 和訳英語
renovation(リノベーション) 住まいの改修(remodel)

わたしたちが「住まいの改修」として昔から親しんできた「リフォーム」という言葉は、和訳英語で、「住まいの改修」を英訳すると「リノベーション」が当てはまります。

家だけではない「リフォーム」の使われ方

今では「リフォーム」と聞けば「家」を関連付ける方がほとんどですが、昔のイメージは全く違ったものでした。かつて「リフォーム」という言葉は「洋服の仕立て直し」を指すのが一般的で、「リフォーム」と聞けば「洋服」を関連付ける時代があったのです。そんな時代の変化から生まれたのが「リノベーション」と「家」の関係性です。

「リフォーム」の中の「リノベーション」

新たに耳にするようになった「リノベーション」という言葉を、福岡で「リフォーム」を検討中の方からも気になるという声が挙がっています。2つの言葉の違いについて気になっている方が多いのですが「リフォーム」と「リノベーション」はひとつのものというイメージを持ってください。イメージと聞くとざっくりだと思われるかもしれませんが、実はこの2つの違いに、明確な線引きがなくニュアンスのようなものなのです。

「住まいの改修」をイメージ「リフォーム」

「リフォーム」は古くなってしまったものを新しくしたり、間取りを変えることとして使われている言葉です。クロスが剥がれてしまったり、汚れてしまったりして張り替えをする場合や、設備が古くなって新しいものに交換したり、大がかりな改修になる場合にも使われ、「老朽化」が原因で「新築の状態に戻す」「住まいの改修」という雰囲気で使われます。

「新たな付加価値」をイメージ「リノベーション」

「リノベーション」は古い建物の良いところを活かしながら、自分たちの住みやすさを考えて性能を向上させるというイメージです。最近では古い空き家を購入し、大がかりな改修をする方も増えています。間取りやデザインも好みのものに変え「新築の時以上」の性能を持たせる「新たな付加価値」を持たせる雰囲気で使われています。

『建築系では「空き家」という単語が表面に出てくるのは2006年以降のことであり、ここ数年はリノベーションの手法と共に話題となることが増えている。』
参考:首都東京大学饗庭研究室:空き家研究の現在【pdf】