HOME » 【福岡版】リフォームお役立ち情報 » リフォームをする最適なタイミングとは

リフォームをする最適なタイミングとは

築年数、使用年数から見るリフォームのタイミング

平均的には築10年以内ではさほどリフォームを必要としませんが、20~30年程度になるとぐっとリフォームの需要が上がるようです。

理想とされるリフォームのタイミングは、場所によって異なります。傷みの目立ちやすい壁や天井などのクロス張りは、10年程度で張替えが必要といわれています。また、浴室、キッチン、トイレなど水回りについては、10~20年おきに取り換えると重大なトラブルを回避できます。

その他、被害の出やすさにもよりますがシロアリの防蟻対策は5年ごとのチェックが好ましく、外壁塗装は10年おきの塗り替えで防水機能や断熱機能が維持されます。

一般的な木造建築の年数ごとに必要な手入れを、部位別に表にまとめてみました。

外壁 モルタル 10年ごとに塗装
窯業系サイディング 10年ごとに目地打ち替え 15年ごとに塗装
鉄素材 5年ごとに塗装
木素材 5年ごとに塗装
屋根 スレート瓦 10年ごとに点検 20年ごとに葺き替え
本瓦 7~8年ごとに点検
トタン 7~8年ごとに塗装 必要に応じて葺き替え
雨どい 10年ごとに点検 20年ごとに交換
防水工事 10年ごとに実施
屋内 浴室 10年ごとに点検補修 20年ごとに交換
洗面所 10年ごとに点検補修 20年ごとに交換
キッチン 10年ごとに点検補修 20年ごとに交換
トイレ 10年ごとに点検補修 20年ごとに交換
壁紙 10年ごとに張り替え
設備など 給湯器 10年ごとに交換
給排水 10年ごとに点検補修 30年ごとに全面工事
シロアリ 5年ごとに防蟻対策

部位別に見るリフォームのタイミング

リフォームは立地条件や気候、その土地の状態によっても左右されます。使っている素材の質によっては、劣化の時期が異なります。家の手入れはこまめにするほど良い状態が長く続き、放置すればするほどリフォームの際に費用がかかります。住んでいて気になる部分や違和感があれば、早めに対処することで家全体の状態を常に良好に保てるようになります。

ここではさらに詳しく部位別に、リフォームのタイミングを見ていきましょう。

外壁まわり

常に外気にさらされ、風雨の盾となる外壁は家の中でも傷みやすい箇所といえます。特に強い日光が当たる場合には、劣化が早まり、破損しやすくなります。

外壁に対するリフォームの有無は、全体と細部でサイクルが変わります。鉄部品や木製の部品は劣化が起きやすいため、普段から良く気を付けてチェックしておきましょう。

鉄製の部品ではサビが出てくる、表面に凸凹が見える、木製の場合にはささくれ立って見える、ヒビが入るなどに気づいたら、早めの交換が必要です。

外壁全体では何となくくすんで見える、日陰との色が極端に異なる、光沢がなくなるなどの状態は黄色信号です。さらに状態が悪化してくると、細かい粉が手に付くチョーキングや塗膜の剥離などが起こります。放置すると外壁基材が露出し、基材自体が劣化してしまいます。

定期的に外壁や設置部品の塗装を行うことで、劣化を抑制することは可能です。適度な塗装によって、防水、断熱、防汚、ひび割れ防止効果が得られ、美しい外観と快適さが守られます。

屋根まわり

屋根まわりの手入れの大切さはわかっていても、自分ではなかなか目視できる場所ではありません。外壁塗装やその他の作業のついでに、業者に確認してもらうようにしましょう。

屋根まわりは実際にトラブルが発生した時点では、かなり傷みが進行しています。定期的に塗装を行ったり、雨どいを交換したりするなど自主的にメンテナンスを行うのが有効手段です。

外側から見て塗装の色にばらつきがあったり、破損個所がある場合にはすぐに点検・補修を実施します。

屋根に近い外側の壁の色が一部違っている場合や、天井にシミが現れた場合には、雨漏りの可能性があります。金属部分の腐食は屋根全体に影響が出ないうちに、早めに対処してください。雨どいの水の流れが悪くなるなど、些細なことから屋根の劣化が加速します。

屋根まわりは一か所が傷んでいると、他の場所にも同様の破損が見つかる場合が多いものです。雨漏りによって柱が影響を受けると、家全体の強度に関わってきます。

遅くなるほど、数百万単位まで修理費用が膨れ上がる恐れがあります。

こまめな手入れと日頃からの観察で、大事に至る前にリフォームのタイミングをつかんでいきましょう。

水・ガスまわり・排水など

毎日必ず使う箇所だけに劣化が起こりやすく、配管などが隠れているためなかなか気づきにくいのが、水まわりやガスまわりです。

気づかずにいて、ある日突然水が噴き出して慌てるといった場面を経験した人は少なくないようです。ガスまわりについては、命の危険につながる可能性があるため一層の配慮が必要です。

水まわりは汚れが取れにくくなった、サビが出ているなどの見える範囲での問題のほか、排水溝から臭いが上がってきたり、詰まりやすくなったりする場合には点検・改修の必要があります。蛇口付近、シンク下がいつも濡れている、またある場所に立つと沈むような感覚がする場合も水漏れで床が腐っている可能性があります。

浴槽の栓を抜いたときにこれまでと違う音がしているようであれば、配管に問題が発生している場合も考えられるため改修を念頭に置いた点検を実施するようにしましょう。